2021年5月7日

2021年4月29日、米国のゼネラルモーターズ(GM)は、メキシコ・コアウイラ州のラモスアリスぺ工場に10億ドルを投資して工場を拡張中であることを発表しました。

新たな塗装プラントは2021年6月から稼働予定です。

また、この投資計画には電気自動車(EV)の製造拠点としての設備投資も含まれます。同社のプレスリリースによると、EVの生産は2023年から、EV用バッテリー・電気コンポーネントなども生産を予定しており、ドライブユニットと呼ばれる駆動系システムは2021年後半から生産開始予定です。


GMラモスアリスペは、シボレーエキノックス、シボレーブレイザー、エンジン、トランスミッションを引き続き生産します。

現在5,600人の従業員を直接雇用、製品は国内市場のほか40か国以上に輸出しています。


新たに生産されるモデル、生産開始時期、販売市場などの詳細は後日発表します。


ゼネラルモータース(GM)のプレスリリースはこちらから。

--------------------------------

アミスタはコアウイラ州ラモスアリスペ近郊にも工業団地を有しております。自社工場の建設も可能ですし、リース物件もございます。


新たに製造拠点や倉庫をお探しの企業様、ぜひご検討下さい。

また、既存施設の拡張工事なども承っております。